小江戸川越のあらゆる情報をお届け

蔵造りの町並みの地図(マップ)と楽しみ方

 

蔵造りの町並みは川越最大の観光名所。その名の通り蔵造りのお店が約1kmにわたって並び、江戸時代にタイムスリップをしたかのような錯覚をもつほど、壮大で見事な景色と美味しい物の数々と巡り会えます。

 

蔵造りの町並み店舗簡易地図マップ

クリックすると拡大できます

【蔵造りの町並み内部簡易地図マップ】
 
この度、蔵造りの町並み内部を記したの簡易的なマップを作成いたしました。経緯としては、観光地付近で従事している筆者にとって、日々観光客の皆様から「○○に行きたいんだけど・・・」と多々ご質問を受けることがあるためです。
 
目的の店舗に行きたいのに場所がいまいちわからない・・・そうなってしまっては、せっかくの楽しい観光で余計に疲れることになりかねません。必要であればご活用ください。

 

リンクを用いた引用・出典の規則を守って頂ければ当サイトのマップは転載可能です。またご自由に印刷して観光にお役立てください。

 

重厚な蔵の景観は圧巻!小江戸の街並み

 

小江戸の街並み1
小江戸の街並み2

 

小江戸の街並み3
小江戸の街並み4

 

地面がアスファルトでさえなければ、完全に江戸時代な部分が多々あります。また、街並みを歩いていると西洋のモダン建築物などもあり様々な景観を楽しめるのも魅力の一つと言えるでしょう。店舗は老舗の和菓子店から、和雑貨まで様々なジャンルのそれぞれの個性を持ったお店が並びます。

 

なぜ川越に蔵造りの町並みが残ったのか

 

川越は江戸時代より、江戸と川越を結ぶ新河岸川を使う舟運によって交易が盛んに行われていました。江戸との交易で川越は多くの利益と文化や流行などをもたらし繁栄を続けます。
 
しかしその後の明治26年に川越大火と言われる大火事が発生します。当時の町域で3分の1ほどを焼失してしまう大惨事となりましたが、川越商人達が復興に立ち上がり今の蔵造りの町並みが完成したのです。
 
蔵造りがあのような重厚な外観となった理由は、過去に江戸との交易によって財源の確保が比較的容易だったことと、耐火に重点を置いた土蔵造りによって現在の外観が出来上がったと言われています。

 

 

美味い物たくさん!食べ歩きながら観光が一番面白い!

 

亀屋元町店の亀どら
芋恋2

 

ミオカザロの黒豚ドッグ
芋乃蔵みたらし団子

 
蔵造りの町並みはとにかく美味しい物がたくさん!究極のおすすめは全店舗しっかりと外観だけでなく内部も見ることですが、そんな時間はないのも事実。それであれば、なにより美味しい物を細かく食べながら町を練り歩いたり、各店舗に存在する雰囲気抜群の休憩処や食事処を利用し、ゆったり小江戸の情緒を楽しんでみてください。

【PR】川越トラベル一押しスポット!
団体での川越観光なら川越湯遊ランドホテル三光の利用がおすすめ!

抜群の立地で宴会や団体ランチが利用できます。また、大浴場に観劇と1日でも楽しめるようなアクティブスポット満載なので是非検討してみてください♪

川越での食事や宴会に!川越湯遊ランドホテル三光