小江戸川越のあらゆる情報をお届け

川越名物はなぜ「さつまいも」と「うなぎ料理」なのか?

川越名物の代表格「さつまいも」と「うなぎ料理」

美食のまち川越には、グルメも唸る絶品料理がたくさん!川越と言えば「さつまいも」と「うなぎ」が有名です。

 
そもそも川越の名産はなぜ「さつまいも」と「うなぎ料理」なんでしょう?なぜ名産になったのかは画像下記の【+】をクリックすると詳細が見れます!

川越名物やきいも
さつまいも
さつまいも

 

ふむふむ。さつまいもはこうして川越に根付いていくのですね。ちなみに、今ではそのさつまいもを使った料理や和菓子は地元住民の筆者でも数え切れないほどに・・・
 
芋せんべい、芋懐石、芋釜飯、芋そば、芋アイス、芋シュークリーム、芋そうめん、芋饅頭、芋だんご、おさつチップス、芋ラーメン、芋うな重、芋茶・・・・とにかくあなたが食べたいお菓子や料理のほとんどにサツマイモを使った店舗ごとの名物料理・和菓子があります。
 
まぁ、もちろんこれだけの種類があると中にはハズレもありますが、ほぼすべてを実食している筆者の率直な感想は、大半の食べ物は芋に合う!と言うことです!
 
興味本位で食べてみると、案外それがびっくりするほど美味しかったりと本当に面白いものです。ただ、どうしても外したくない場合は口コミサイトや当ブログの店舗ごとのレビュー記事をご覧頂くことをおすすめします。
 
 
続いて「うなぎ」

川越の名店小川菊
鰻重
地産ではない鰻なのになぜ川越名物なの?

 
この歴史が頷ける理由のひとつとして、筆者の祖母も小さい頃は綺麗な川にしか存在しないシジミなどを取ってお小遣いを稼いでいたそうです。うなぎは特に今では高級魚のイメージがありますが、昔は自分で捌いて醤油や砂糖をブレンドしたタレを塗って焼けばそれほど費用のかかる食材ではなかったとも。
 
 
たしかにお店の蒲焼きは昔も高かったらしいのですが、個人間でやりとりが出来るほど豊富に取れていたからある程度は食べたい時に食べれたと言います。羨ましい。。。
 
 
実際は、ウナギがこれほどまでに高騰した理由は醤油や味醂、砂糖と言った蒲焼きのタレが発明された江戸の後期あたりに、その美味しさにあまりにも人気がでてしまったがゆえのことだということですが、当時の川越民は他県民の誰よりもその魅力に取り憑かれてしまったのかもしれませんね。

【PR】川越トラベル一押しスポット!
団体での川越観光なら川越湯遊ランドホテル三光の利用がおすすめ!

抜群の立地で宴会や団体ランチが利用できます。また、大浴場に観劇と1日でも楽しめるようなアクティブスポット満載なので是非検討してみてください♪

川越での食事や宴会に!川越湯遊ランドホテル三光